株式会社マイライフコーポレーション|東京都新宿区|不動産売買|不動産コンサルタント|住まい|マイホーム|住宅ローン

株式会社
マイライフコーポレーション
〒160-0023
東京都新宿区西新宿7-1-7
ダイカンプラザA-1101
フリーダイヤル
0120-84-4143
TEL.03-3371-7014
FAX.03-3371-7024
 

売却の流れ

   
不動産の売却を思い立ったら、まずは相談してみましょう。
 

予算を立てる

予算を立てる
 
手元に残るお金はどのくらい?
手元に残るお金はどのくらい?

売却金額=手取り金額では、ありません。

手取り金額売却金額諸費用(経費+税金)

売却時には諸費用がかかります。諸費用についても事前に確認をしておきましょう。

 
売却をする前に内装は必要?
売却をする前に内装は必要?
基本的に必要ありません。
中古物件になりますので、購入をお考えのお客様の中には、ご自身でリフォームをしたい、という方も多くいらっしゃいます。
先にリフォームをしてしまうと、お金も時間もかかりますし、その分無駄になってしまうこともあります。
お部屋にもよりますが、まずは様子を見ながら売りに出してみることをお勧めすることが多いです。
お客様のご事情に合わせてご提案させていただきます。
まずはご相談ください。
 

希望の条件を整理

希望の条件を整理
 
売却条件を決める
だいたいの予算が立ったら、売却する家の希望条件を整理してみましょう。
まず、家を売却する理由を書き出してみましょう。そこに様々な理由があると思いますが優先度の髙い物・希望通りの物が揃ってから実際の売却に向けたスタートです。
 
こんな場合もお気軽にご相談ください
部屋があまり片付いていない…
    どうぞお気遣いなくお願いします。
    査定金額に影響が出るということはありません。
遠方でなかなか部屋に行けないのだけれど…
    現地においでいただけない場合には、
    ・鍵をご郵送いただく方法
    ・現地に近いお身内の方やお知り合いに鍵を預けていただく方法
    ・現地の管理人さんなどに鍵をあずけていただく方法
    などで
    拝見させていただく方法もございます。
    その後、お電話、書面等で
    査定内容のご報告をさせていただきます。
 

査定時のポイント

査定時のポイント
 
具体的な価格の提示が可能なのが実査定です。
同時に、担当者とはじめて顔を合わせる機会でもあります。
より詳しい話が聞けるチャンスでもありますので、たくさんご質問ください。
誠意を持ってお応えします。
 

媒介契約について

媒介契約について
 
媒介契約について
媒介契約には
    専属専任媒介
    専任媒介
    一般媒介
の3種類があります。
 
 
 1.他社への売却依頼
「専属専任」、「専任」に関しては1社のみの依頼になります。
「一般」のみ複数の会社への依頼が可能です。
 
2.自己発見取引
売りに出した後に例えばお知り合いの方などが「買いたい」と言ってくることもあります。そういったご自身で発見された相手との取引きをする場合でも、「専属専任」で依頼をしていると、所定の手数料の支払いが必要です。
   
3.レインズへの登録
レインズとは、国土交通大臣の指定を受けた「指定流通機構」によって運営される不動産物件情報のコンピューターシステムのことです。このシステムは会員の不動産業者が見ることができます。
登録されると、広く不動産会社に情報が広まる為、依頼した業者以外の不動産業者のお客様にも物件の紹介が可能となります。
「専属専任」は5営業日以内、「専任」は7営業日以内の登録が義務付けられています。
 
4.販売状況報告
「専属専任」は1週間に1回以上、「専任」の場合、2週間に1回以上、文書・またはメールでの販売状況の報告が義務付けられています。
 
こんな場合には・・
「媒介契約」を結ぶのに必要なものはありますか?
 お認印をご用意いただければ大丈夫です。
 売出価格、お名前、ご住所などをご記入いただき、ご捺印をいただいて、販売活動の開始となります。
 
途中で販売活動をやめてもお金かかるの?
売却に必要な「仲介手数料」は成功報酬となっており、成約に至った時にはじめて必要となるお金です。
売りに出した後に事情ができて売らないことになった場合などは、費用はかかりません。
 
 

購入者探しについて

購入者探しについて
 
購入者探し
様々な媒体、方法で販売活動をし、購入いただけるお客様を探します。
 
●ホームページへの掲載
 
●ポータルサイトへの掲載
 
●チラシでの広告活動
 
販売活動のご報告
販売活動の内容・状況について、書面やお電話等で随時ご報告いたします。
 

反響・ご案内の報告

反響・ご案内の報告
 
  • 新聞折込広告の実施状況
  • ホームページ等への掲載状況や閲覧状況
  • 物件周辺へのポスティングの実施状況
  • オープンルームの実施状況
  • 指定流通機構(レインズ)への登録状況

等、行った販売活動の内容についてご報告いたします。

 

販売活動時のポイント

販売活動時のポイント
 
販売活動時には、度々状況の報告をいたします。
ご売却には、担当と売主さまのコミュニケーションが大切です。じっくりと話し合いをしていきましょう。
 

契約

契約
 
契約
●契約時に必要な物
 
  • 権利証又は登記識別情報
  • 実印
  • 印鑑証明書 (3ヶ月以内に発行されたもの)
  • 住民票 (住所変更がある場合)
  • 身分証明書 (免許証等本人が確認できるもの)
  • 収入印紙
  • 仲介手数料 (※担当者とお打合せください)
  • 固定資産税の納税通知書
  • マンションの管理規約等
 

お引渡し後の注意点

お引渡し後の注意点
 
確定申告
●売却後に
 
不動産を売却された場合には、翌年、確定申告が必要です。
特に、売却をすることによって譲渡益が出る、「3000万円控除」等の税制の特例を使用する、などの場合には、申告をしない限りは特例が適用がされませんので、注意が必要です。
 
瑕疵担保責任について
「瑕疵担保責任」について
「瑕疵」とは、「欠陥があり、あるべき品質や性能が欠如していること」、「瑕疵担保責任」とは、物件に「隠れた瑕疵」がある場合、売主が負わなければいけない責任を指します。
いつまで負えばいいのか?
    売主によって異なります。
    一般的には、売主が
        【個人】→3ヶ月(主要設備は1週間)
        【法人】→1年(主要設備は1週間)
        【不動産業者】→2年(主要設備も2年)
    となります。
    ※契約の内容によります。      
        
もともと壊れていたものも直さないといけないの?
 中古物件では、元々壊れていたり、調子の悪い設備があることも多くあります。
 その為、「設備表」に設備の有無や故障・不具合の有無をご記入いただき、双方ご納得の上でご契約いただきます。
 ご記入いただいた故障・不具合に関しては「隠れた瑕疵」にはあたりませんので、修復の対象とはなりません。
 
もし「瑕疵」が見つかった場合、どこまで修復すればいいの?
「瑕疵」が見つかった場合には、まず弊社にて現状の確認に伺わせていただいています。
例えば、「エアコンが作動する」という前提でのお引渡しをしていて、「エアコンが作動しない!」となった場合、作動する状況への修理が必要です。
状況によって新品への交換をお願いすることもございますが、部品交換でエアコンが動けば、部品交換代のご負担のみお願いすることになります。
 

お問い合わせフォームへのリンク

お問い合わせフォームへのリンク
 
201408181401277359.jpg
053578
<<株式会社マイライフコーポレーション>> 〒160-0023 東京都新宿区西新宿7-1-7 ダイカンプラザA-1101 TEL:03-3371-7014 FAX:03-3371-7024